• トップ /
  • 妊娠するための体温と栄養

妊娠時の体温に要注意

妊娠するための体温と栄養

妊娠する為に気をつける事

女性は男性に比べて筋肉量が少ない為基礎体温が低く冷えやすい身体になっています。冷え性の女性が多く、この事が原因で妊娠しにくいという方も少なくありません。冷え性によって血行不良が起こると臓器へ栄養や酸素が十分に行き渡らなくなったり、ホルモン分泌がうまく出来なくなってしまいます。排卵機能や黄体機能が低下し、卵子の発育に影響が出たり、着床障害も引き起こす可能性がある為妊娠しにくくなります。普段から冷え性対策をするなどして体温が低くなってしまわないよう気をつけて下さい。また食事にも気を遣い栄養管理も行いましょう。冷え性で困っている場合、しょうがやネギ、にんにく、ごぼうなどをとる事で基礎体温が上がり妊娠しやすくなります。また血液をサラサラにしてくれる効果も期待できるので、血液循環が良くなり全身に酸素が巡って臓器などの機能が活性化し、正常なホルモン分泌が行われて体調を崩しやすかった時期も、不快感が軽減される事もあります。中々妊娠しなくて悩んでいると言う方は普段の食事や基礎体温などに目を向けて、栄養不足になっていないかという事や、体を冷やしてしまう行動をとってしまっていないかという事を思い返し、改善するように努めましょう。

↑PAGE TOP